はじめてのTOEICーIPトライアル受験

いまはキャンパスにはいってはじめてのTOEIC受験へ行ってきました。とはいうものの、キャンパスに入学して依然としてたったの二ヶ月、がっつり対策して近頃を迎える奴は少なかっただ。私の身近も、「え、二百事項も解かなきゃなの?」「二間隔とかやってらんねーよー」「え、チャレンジインサイドミニオンズのスマホアプリしてサボってちゃだめなの?」みたいな感じの奴ばっかりでした。当の私はというと、そんな感じの奴って盛り上がりながらも、じつは一月頃空いた時間をみつけて虎の巻を通して近頃を迎えるという、タチの悪いことを通していました。とはいっても、わずか一月のそのうちの隙間間隔、リスニング、読書の出だししかまともな虎の巻はできず、ほかの大事項はそのはなしといっただいたいの解き方、そうして受験の際の簡単なやり方ぐらいの精通をひっさげて受験しました。いよいよ、チャレンジが始まるって、私の近隣は、心配に向き合う奴もいれば、ぼーっとやる奴、熟睡してある人さまざまでした。自分は、若干の対策をしていたおかげで最初はすらすら解けたものの、前もって対策をしていなかった以下はつらく、二十事項ぐらい解ききれず適当に目印せざるをえませんでした。そんな感じでチャレンジフィナーレ。私のキャンパスの水準が例年三百先机と安めなので、四百先とれたら嬉しいなぁという応答でいます。次回は、完備の準備をして六百先を狙いにいきたいと思います。カカオトーク掲示板ならこのサイト