大地をこねて作り上げることがまた楽しくなってきた

陶芸スクールに通い始めて3年になるかな。最近は更に作りたい産物もなく、スクールの前日にネットで「陶芸」と検索して出てきた産物から、いいなという物を作ったりしていた。ちょっとマンネリ化してきてて、辞めようかなとおもうこともあった。
但し前月、電動ロクロに初挑戦してからは、うれしい進め方が返り咲きしてきた。
電動ロクロ、教官曰く「2つのたぐいに分ける」分けるようだ。おっかなびっくり徐々に回転させる人という非を恐れず面白く高速回転させる人。どうもわたくしは次のようです。
最初に教官に指図をしてもらった後は自分の感覚でビュンビュン回して4つほど作った。いよいよなので著しいを作るのは難しいので、ぐい?みになりそうな物を3つといったダイエット内容になりそうな茶碗を一種。
明日、僅か乾燥して粘土がごつくなった状態で今度は薄く削り取るプロセス。これも電動ロクロを使うのだが、私的にはきのうまでの品質(厚み)で十分なんだけど、教官の品物を見せてもらうという暑さ2~3mm。教官もいつも2順番に分けてやると聞くと私もするしかない!ここで失敗すると前日の修行が水の泡・・・。さすがに2お日様瞳は慎重になった。
但し、やって良かった。ない地って厚い地があり均等ではないけれど、きのうよりも断固見た目良くなった。次回、素焼きされたケースに出会うのが歓びです。せふれを作ってやりまくりたい人のサイト